本文へスキップ

iPhoneのデザインの歴史について

iPhoneのデザインの歴史について

最新iPhone
それでは最新のiPhoneはどのようなデザインとなっているのでしょうか。まず、2016年にはiPhone7が登場しました。こちらはローズゴールドやゴールド、シルバーといったカラーに加えて、ブラックとジェットブラックも用意されています。全部で5色となっており、そこにさらにレッドも追加されています。イヤフォンマイクが廃止されたのが特徴となっています。

そして、2017年になるとiPhone8が登場しました。まず、同じカラーであっても印象が異なっています。iPhone7では上部と下部に白いラインが入っていたのですが、それがiPhone8ではなくなっています。背面の素材についてはiPhone7はアルミだったのが、iPhone8ではガラスになっているのも違います。ロゴの部分も変わっており、8の方がシンプルになっています。ただし、基本的なデザインは大きく変わっているわけではありません。iPhoneというのは基本のデザインはずっと踏襲されているのです。

ただし、iPhoneXは従来とはかなりデザインが異なっています。そもそも、iPhoneXは5.8型のディスプレイがあり、かなり大きいです。額縁はできるだけ狭く設計されています。前面はほぼディスプレイとなっています。

これからもどんどんデザインは進化していくでしょう。より多くの方に憧れられて、なおかつ使いやすいデザインが追求されているのです。