本文へスキップ

iPhoneのデザインの歴史について

iPhoneのデザインの歴史について

初期のiPhone
iPhoneが初めて登場したのは2007年のことです。この頃のデザインはカラーがシルバーのみでした。背景もシルバーであり、下の5分の1程度がブラックとなっていました。サイズは3.5型であり、かなり小さかったです。それでも、当時は大きなディスプレイを搭載している端末として紹介されていました。全画面がタッチパネルであり、現在のスマートフォンと基本的なデザインに違いはありません。

2008年にはiPhone3Gが登場しました。こちらはボディカラーがホワイトとブラックの2種類が用意されています。ここからしばらくの間はこの2色による展開がされるようになりました。iPhone4からはディスプレイのサイズはそのままなのですが、全体的に小型化して、薄型化されました。さらに軽量化も実現しました。背面は強化ガラスとなっており、見た目はよりシャープになりました。

iPhone5になると大型化しました。ここからサイズが4型となったのです。画面サイズに合わせて縦長のデザインが採用されました。色についてはブラック&スレートとホワイト&シルバーの二種類が登場しました。

このようにiPhoneのデザインはどんどん変化しているのです。これからも最新のものになるたびにデザインは更新されていくでしょう。多くの方に愛されるデザインとなっています。